皆さん、こんにちは。今日の関東地方は、風も穏やかで過ごしやすい正月三が日を迎えております。

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走も母校の駒澤大学が優勝出来て本当にうれしい限りです。10区で襷を受けた時には3分以上の開きもありましたが、最後まで諦めない事の大切さを痛感させられました。

さて本日ご紹介する画像は、いっかくじゅう座のIC2177カモメ星雲です。今年コロナに打ち勝つ為にもIC2177カモメ星雲に現代版アマビエとなって疫病を退散させて貰いたいと言う気持ちを込めて、この題材とさせて頂きました。

今日の作品も私の大好きな散光星雲の一つです。このわし星雲は、全天一明るい恒星シリウスの約7度程の北東で輝いているとても大きな散光星雲です。

IC2177散光星雲の形が鷲の様に見える事からわし星雲と呼ばれることもありますが、へび座にもM16わし星雲と呼ばれる星雲がありますので、区別を付ける為にも敢えてカモメ星雲と呼びたいと思います。

s-IC2177わし星雲.2020.12.12WebⅧ


<撮影日時>
2020年12月12日 25時22分24秒から
露出5分×16枚 σクリッピング  IDAS LPS-D1フィルター使用
総露出120分 (2時間) 
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD 
焦点距離380mm (F3.6)
Central DS ASTRO 6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>