皆さん、こんばんは。昨夜はコールドムーンと言う事で令和元年最後の満月でした。相変わらずはっきりしない天気が続いております。
そんな中、本日ご紹介する画像はFSQ-106ED+645RD+Asutro 6Dによるペルセウス座にあるカリフォルニア星雲です。
ご覧の通りペルセウス座の分子雲の真っ只中に浮かぶカリフォルニア星雲(NGC1499)です。画面右隅には暗黒星雲も広がっております。
もう少し分子雲を強調しても面白いと思いましたが、カリフォルニア星雲の締まりが無くなりますので、この辺で落ち着かせてみました。

s-FSQ-106EDによるカリフォルニア星雲.2019.11.30.WebⅣ

<撮影日時>
2019年11月30日23時16分24秒から
露出5分×16枚 σクリッピングコンポジット
総露出80分 
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD 
焦点距離380mm (F3.6)
Central DS ASTRO 6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
群馬県下仁田町妙義山にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]