イメージ 1

皆さん、おはようございます。ここ埼玉県北部は今日も快晴の天気です。この晴天もあと3日程続くようです。
新月期までもう少しデジカメ撮影派の私の出番が間も無く訪れます。

クリスマスまであと1週間となってきました。私は仏教徒ではありますが、日本のクリスマス行事は大好きであります。街中が綺麗なクリスマスツリーで飾られ、みんな嬉しそうな笑顔で散策できることは素晴らしい事です。

本日ご紹介する画像は、そんなクリスマスシーズンに合わせクリスマス星団&コーン星雲付近の散光星雲群のリベンジ作です。

いっかくじゅう座にS星付近に広がる散開星団は、クリスマスツリー星団(Christmas Tree Cluster)と呼ばれて親しまれております。

この付近には、100個以上の星が疎らに存在し、周辺には淡い散光星雲が広がっています。

例によってメインのクリスマスツリーは、星空では南北が逆さまに見えるので、今回も上下反対にしてあります。

画面左側には、yottyanさんが命名のカタツムリ星雲やクリスマス星団のすぐ左上にハップルの変光星雲も写っております。

このハップルの変光星雲は、その先端にある変光星に照らされて白く輝いています。ご覧の通り露出オーバー気味に成る程明るい為、天体望遠鏡を使って覗くと小さな彗星状に見えますので、機会が有りましたら一度観望しても楽しいかもしれません!

それでは皆様にとりまして素晴らしいクリスマスが訪れます様に!

<撮影日時>
2016年12月02日24時01分12秒から
露出6分×16枚コンポジット(加算平均)
総露出(96分)
IDAS LPS-D1フィルター使用
ノントリミング
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT40+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
群馬県妙義山遠征にて
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]