皆さん、おはようございます。今日の関東地方は、昨日の良い天気から一転曇り空の朝を迎えております。台風19号に引き続き台風21号の余波により、又しても千葉県に災害をもたらしました。災害により亡くなられた方々及び被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
さて、本日ご紹介する画像は、おうし座に漂う分子雲に浮ぶプレアデス星団(昴)<M45>であります。
やはり天文ファンならシーズンに一度は撮りたくなる天体の一つです。
ご存知の通りプレアデス星団は、おうし座の散開星団です。冬を中心に秋から春先にかけて観測出来ます。肉眼でも輝く7個程の星の集まりを見る事ができ、双眼鏡で観測すると数十個の青白い星が集まっているのが見えます。
1769年にメシエカタログの45番目に加えられました。メシエカタログは3回に分けて刊行されましたが、M45は1回目のカタログに記載された最後の天体です。

s-プレアデス星団.2019.10.04.WebⅨ

<撮影日時>
2019年10月04日25時31分24秒から
露出5分×16枚 σクリッピングコンポジット
総露出80分 
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD 
焦点距離380mm (F3.6)
Central DS ASTRO 6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
群馬県下仁田町妙義山にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]