皆さん、こんにちは。ゴールデンウイークの撮影以来全くと言って良いほど遠征の機会が無かった訳ですが、ようやく4日の晩に群馬県妙義山に遠征し撮影する事が出来ました。
現地にはnakajimaさんを始め含め多くの星見人の方が集結しておりました。車の数はざっと十数台と言ったところでしょうか?皆さんこの機会を待ちに待っていたのでしょうね!
先ずは月の沈む前から撮影を始めたアフリカーノ彗星(C/2018 W2)であります。やはり月明かりが残っていましたので、画像はノイズたっぷりで粗れ気味です。ご勘弁ください。
このアフリカーノ彗星は2018年11月27日アメリカのゲレーラさんがCatarinaスカイベイで、18.2等及び同じくアメリカのアフリカーノさんが18.3等でそれぞれCCDにて独立発見されております。
現在8等台前半でみずがめ座のフォーマルハウトの少し上辺りの南に低い位置にあります。今後は急激に南下するので11月には観測出来なくなってしまいそうです。
s-2018W2アフリカーノ彗星.2019.10.04WebⅡ

<撮影日時>
2019年10月月04日21時03分24秒から
露出80秒×10枚 メトカーフコンポジット
総露出800秒 
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH 
焦点距離760mm (F3.8)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
群馬県下仁田町妙義山にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]