皆さん、おはようございます。今日の埼玉県北部は、しっかりとした雨が降っております。この雨はお昼頃まで降る予報と成っております。

昨日は孫の体調が回復したに見えましたが、午後3時の検温タイムで再びお熱が出たとの連絡を受け、急遽保育園にお迎えに行く事になってしまいました。

今日は雨なので保育園には登園させずにじっくり保育士になって孫の面倒を見ようと思っております。

さて本日ご紹介する画像は、夏の代表的なはくちょう座に位置するクレセント星雲(NGC6888)でございます。別名日本では、三日月星雲と言われております。

このはくちょう座の領域は散光星雲の巣とも呼ばれており、星雲が存在しない処は無いほど淡い散光星雲が広がっております。

そんな中でもこのクレセント星雲は比較的明るく写しやすいので、昔から多くの星見人に好まれて撮影されて来ました。


クレセント星雲.2024.05.11.WebⅦ

関東地方は早くも梅雨入りの気配を感じるようになって来ました。今後は晴れを求めて右往左往しそうですね!


<撮影日時>
2024年05月11日 25時09分24秒から
露出360秒×16枚  加算平均
若干のトリミングあり  LPS-DTDフィルター
<撮影機材>
ビクセンR200SS+エクステンダーPH 焦点距離1,120mm (F5.6)
ZWO ASI2600MC Pro ゲイン200  
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ  9 にて画像処理 
PixInsight Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>