のぼうの星

2019年09月

皆さん、こんにちは。今日の関東地方は、久々の快晴で気温32度の真夏の天気となっております。暑さ寒さも彼岸までと昔の人がおっしゃる通り、朝晩はだいぶ涼しく成って来ました。
全国の天文ファンの皆様に於かれましては、まだまだ満月過ぎの月齢17.7の月がありますので、今暫くの辛抱が必要の様です。
さて今回導入に踏み切ったのは、星友のマルさんやitoさんが導入され釣果を出しているWILIAM OPTICS社製のRed Cat51であります。

Kredcat_banner

今回は地元のCST(コンピューター・システム・テレスコープ)にRed Cat51 K-ASTEC Limitedを発注させて頂きました。Red Cat51は赤猫ですが、やはりFSQ-106EDの隣に載せる関係からもK-ASTECの限定モデルの白猫にしました。
kcat001
4枚玉ペッツバール式光学系のフォトビジュアル鏡筒です。各レンズには高級なオハラ光学の極低分散レンズFPL53及びFPL51を採用しているそうです。それにより高い色収差補正性能を有しています。
redcat03

このRed Cat51にはピント合わせに重宝する「透明」のバーティノフマスクがメタルキャップ内に内蔵しているのでピント合わせが今から楽しみです。
redcat020


早速次回遠征時から活用するプランのタカハシFSQ-106ED+645RD+ASUTRO 6Dの横に鎮座するRed Cat51 K-ASTEC Limitedであります。

s-P1010712

さて今月末は果たして晴れますでしょうか?宝の持ち腐れにならなければ宜しいのですが!

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

皆さん、こんばんは。今日の埼玉県北部は群馬県境と県南の雷雲が発達しバケツをひっくり返したような豪雨となりました。何歳に成っても雷様は怖いものです。
さて本日ご紹介する画像は、9月6日の上限の月です。この日は夕方から晴れてきまして、綺麗な月が出ておりましたので撮影してみました。
その後晴れが続けばアフリカーノ彗星でも撮影しようと思っていましたが、僅か1枚で曇ってしまい玉砕に終わりました。

s-上弦の月.2019.09.WebⅣjpg

<撮影日時>
2019年9月6日 21時02分24秒
露出1/60秒 1枚画像
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+エクステンダー+キャノン純正2倍テレコン
焦点距離 1,700mm F16.0
キャノンEOS 70D ISO400
ビクセンSXP赤道儀にて
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

このページのトップヘ