のぼうの星

2019年02月

イメージ 1

皆さん、おはようございます。久々に晴れた26日の夜、星友のmdhn1999さんとご一緒に群馬県の妙義山に遠征してきました。
現地では既にぴんたんさんが撮影に入っておられました。気温の上がった車内は結構な温度になっていたので鏡筒の馴染むのを待ってさっそく岩本彗星の撮影に取り掛かりました。
急激に地球に接近した岩本彗星も今はぎょしゃ座の中を移動しております。さすがに7頭台に入りましたのでだいぶ暗く小さくなってきました。
<撮影日時>
2019年02月14日26時23分24秒から
露出1分×10枚 メトカーフコンポジット
総露出10分
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH
焦点距離760mm F3.8
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
群馬県下仁田町にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]


イメージ 1

皆さん、こんばんは。晴れるのを待って仮眠を取っていたらいつの間にか午前1時を過ぎてしまいました。庭に出てみると月が煌々と照っていました。
さて今日はスーパームーンとあって記念の1枚を撮る事にしました。夜な夜な赤道儀を組み立て今日の満月はタカハシのFSQ-106ED+エクステンダーで撮る事にしました。
幾分水蒸気は多いもののシーイングは良好でした。今夜の満月は今年見える満月の中で最も大きく見えるスーパームーンです。
月の公転軌道が楕円であるため月と地球との距離は約36万キロから40万キロの間で変化します。その最接近のタイミングと満月となるタイミングが近いと、月が大きく見えスーパームーンとなります。
なお今年最少の満月は9月14日の満月となります。見かけの直径が約14%も変化するそうですが、眼脂では大きさの変化はわかり難いです。

<撮影日時>
2019年2月20日 01時49分24秒
露出1/250秒 1枚画像
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+エクステンダー
焦点距離 850mm F8.0
キャノンEOS 70D ISO100
ビクセンSXP赤道儀にて
フォトショップ CS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ下記アドレスをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]


イメージ 1

皆さん、こんばんは。昨夜は只今地球に接近中の岩本彗星CC/2018 Y1)の撮影の為、夜な夜な栃木県栃木市に超プチプチ遠征して来ました。
昨夜の月の入りは午前2時過ぎとあって家を夜中12時過ぎに出て現地に午前1時過ぎに着きました。当然上弦過ぎの月夜ですと誰も居るはずはありません。
さっさと撮影機材を組み立てて月の沈むのを待って撮影を開始いたしました。一日に7度ほど移動しますので、露出時間の設定に難儀しましたが、だいたい50秒前後という感じに落ち着きました。
彗星核でガイドしようと思いましたが、結局恒星時追尾することにしてメトカーフコンポジットにする事にしました。
昨夜の岩本彗星はしし座とかに座の境界くらいにあって、6等台とあってもう少しで肉眼彗星となる感じでした。
双眼鏡を使っても直ぐに見付けることが出来、地球接近中の岩本彗星を十分堪能することが出来ました。

<撮影日時>
2019年02月14日26時23分24秒から
露出50秒×20枚 メトカーフコンポジット
総露出16分40秒
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH
焦点距離760mm F3.8
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
栃木県栃木市にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]


イメージ 1

皆さん、おはようございます。今日は西から次第に高気圧に覆われここ関東地方では快晴の一日と成りそうです。
今回も新月期に星友のmdhn1999さんと星降る栃木県栃木市に遠征した時の画像となります。
さて本日ご紹介する画像は沈みゆくいっかくじゅう座のバラ星雲となります。ビクセンR200SSによるセカンドライトの画像です。
散光星雲でどれくらいパフォーマンスを発揮するか取り合えず撮影してみました。若干まだフラットが合わず若干のトリミングをしておりますが、まずまずの作品となりました。
今後朝方には夏の散光星雲も昇って来ますが結構使えそうです。

<撮影日時>
2019年02月01日23時04分22秒から
露出5分×16枚σクリッピングコンポジット
総露出80分
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH
焦点距離760mm F3.8
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
栃木県栃木市にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

イメージ 1

皆さん、こんばんは。今日は南岸低気圧の影響により関東地方では大雪と成りそうです。雪国の人からすれば笑われると思いますが10cmほどの積雪となりそうです。
さて本日ご紹介する画像は12月に徳島県の岩本雅之さんが発見した新彗星で、岩本さんの名前が付けられた3個目の岩本彗星(C/2018Y1)です。
この日の1日にはおとめ座にあり、ここからしし座、かに座、ふたご座と黄道星座を逆行するように動いて行きます。
特に地球と最接近する13日前後には、1日あたり7度ほども天球上を移動します。直近の三本松さんの観測では鋭いイオンの尾が伸びているのが確認されております。
今後月が太って来ますが、何とか晴れ間を見つけて岩本彗星のイオンテイルの撮影をしたいものです。

<撮影日時>
2019年02月01日26時38分24秒から
露出3分×10枚メトカーフコンポジット
総露出30分
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH
焦点距離760mm F3.8
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
栃木県栃木市にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

このページのトップヘ