のぼうの星

2018年12月

イメージ 1

皆さん、こんにちは。ここ関東地方では、西高東低の強い冬型の影響もあり乾燥した北風が強く吹いております。
まだ下弦の月が夜半に昇って来ますが、星友のmdhn1999さんと思い切って茨城県の稲敷に遠征してきました。
これでもかと言うくらいに北風が吹き荒れる中でしたが、風の止むのを待って久々にウィルタネン周期彗星を捉ら得る事ができました。
12月中旬に地球に0.08天文単位まで接近して3.4等まで明るく成りました。視直径は満月の3倍程にもなり肉眼で観測することができました。
現在では4等台後半となり若干暗くなってきましたが、まだまだ見頃は続きます。
天の川までは確認できない当稲敷市の空ですが、画像の2時方向にダストの尾が確認できるようです。また暗い観測地で撮影したいところです。

<撮影日時>
2018年12月29日21時41分24秒から
露出2分×20枚コンポジット(加算平均)
メトカーフコンポジット
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645レデューサー
(380mmF3.6)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT40+LodestarX2
PHD2にてオートガイド
ステライメージにて画像処理
Photoshop CS6にて調整
<撮影場所>
茨城県稲敷市浮島にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ下記アドレスをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]




イメージ 1
皆さん、おはようございます。今日の関東地方は、朝晩は晴れる所がありますが、日中は雲が多い天気と成りそうです。日差しはあってもまばらになりそうです。
さて本日ご紹介する画像は、いっかくじゅう座にあるバラ星雲(NGC2244)です。極寒の赤城山で撮った最終画像となります。
オリオン座の隣にはいっかくじゅう座という星座が輝いていますが、暗い星ばかりで構成されているため、知名度は低く存在を知らない方も多いのではないでしょうか!
しかしそのいっかくじゅう座の中には、薔薇の花とそっくりな形をした「バラ星雲」が輝いていて、こちらの天体の方が有名になっています。
バラ星雲は私たち天文ファンの人気の対象で写真に撮ると赤っぽい色合いに写り、本当の薔薇の花が咲いたような姿を楽しめます。

<撮影日時>
2018年12月10日27時23分24秒から
露出5分×16枚コンポジット(σクリッピング)
総露出(80分)
IDAS LPS-D1フィルター使用
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645レデューサー(380mm F3.6)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて 
タカハシGT40+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド 
ステライメージ8にて画像処理
フォトショップCS6にて調整 
<撮影場所>
群馬県前橋市赤城山小沼駐車場にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、下のアドレスをポチットとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

イメージ 1
皆さん、おはようございます。23日(日)は今年最後の満月です。今年最後の流星群となる「こぐま座流星群」が極大を迎えます。
さて本日ご紹介する画像は、赤城山で撮影したいっかくじゅう座のわし星雲(IC2177)です。わし星雲は、全天一明るい恒星シリウスの役7度ほど北東で輝いている大きな散光星雲です。
その星雲の形が鷲のように見えることからこの愛称がありますが、海外ではカモメ星雲(Seagul Nebula)と呼ばれています。
こうしてみると、わし星雲は赤色だけでなく、青っぽい星雲も存在していてとてもカラフルな散光星雲と言う事がお分かりかと思います。
南中高度が低いので撮影しずらい対象ですが、毎年冬になったら撮影したくなる対象です。

<撮影日時>
2018年12月10日25時50分14秒から
露出5分×16枚コンポジット(σクリッピング)
総露出(80分)
IDAS LPS-D1フィルター使用
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645レデューサー(380mm F3.6)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて 
タカハシGT40+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド 
ステライメージ8にて画像処理
フォトショップCS6にて調整 
<撮影場所>
群馬県前橋市赤城山小沼駐車場にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、下のアドレスをポチットとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

イメージ 1
皆さん、おはようございます。今日の関東地方、南部では湿った空気の影響で雲が広がりやすくなるでしょう。ただ雨は降らず洗濯物を干したままでも外出できそうです。
さて本日ご紹介する画像はふたご座にあるモンキー星雲&クラゲ星雲&M35散開星団です。冬の天の川の微光星をバックに散開星団や散光星雲が輝いているので、写真撮影だけでは無く観望にも適した星域となっております。
画面左上に写っているのが散開星団M35で満月ほどの広がりがあります。右上に輝いている赤い星雲が散光星雲NGC2174です。星雲の形がサルの横顔に似ていることからモンキー星雲と呼ばれています。最後に左下にあるのがクラゲ星雲の愛称で知られるIC443散光星雲です。

<撮影日時>
2018年12月10日24時01分24秒から
露出5分×16枚コンポジット(σクリッピング)
総露出(80分)
IDAS LPS-D1フィルター使用
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645レデューサー(380mm F3.6)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて 
タカハシGT40+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド 
ステライメージ8にて画像処理
フォトショップCS6にて調整 
<撮影場所>
群馬県前橋市赤城山小沼駐車場にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、下のアドレスをポチットとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

イメージ 1
皆さん、おはようございます。今日は下り坂となり肌寒い一日と成りそうです。温かくしてお過ごし下さい。
いよいよウィルタネン周期彗星(46P)が近日点を通過し地球に接近しております。14日星友のmdhn1999さんと栃木県栃木市にふたご座流星群の見物を兼ねプチ遠征してきました。
現地には、ふたご座流星群の極大日と言う事で多くの市民の方々がいらしておりました。月明かりも多少残る中でしたが、近日点を通過して間もないウィルタネン周期彗星(46P)を撮影する事ができました。

<撮影日時>
2018年12月14日22時16分24秒から
露出2分×20枚コンポジット(σクリッピング)
総露出(40分)
メトカーフコンポジット
ステライメージ8による全自動
IDAS LPS-D1フィルター使用
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645レデューサー(380mm F3.6)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて 
タカハシGT40+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド 
ステライメージ8にて画像処理
フォトショップCS6にて調整 
<撮影場所>
栃木県栃木市にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、下のアドレスをポチットとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]


このページのトップヘ