のぼうの星

2016年01月

イメージ 1

皆さん、おはようございます。昨夜、雨が雪に変わったのでとても心配しておりましたが、再び雨に変わり、道にもほとんど雪が無く平常通りの出勤で良さそうです。

本日ご紹介する画像は、前回アップしたM81&M82銀河周辺に漂う分子雲の画像をM81&M82銀河に主点を置いて再レタッチしてみました。

一粒で二度美味しい感がありますが、皆さんは分子雲を強調するのと小宇宙銀河を主点に置くのでは、どちらがお好きでしょうか?

何と言ってもFSQ106-ED+645RDでは、焦点距離が380mmはちょっと荷が重いですね!2500mmの拡大画像は、ブログ友のmdhn1999さんの『天体写真Diary』をどうぞご覧下さい。

2016年01月09日23時11分56秒から
露出5分×14枚 コンポジット(加算平均)
アイダスHEUIB-Ⅱフィルター使用
相当なトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシFC50+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
山梨県富士河口湖町にて

天体写真ブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー(天体写真)下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さんおはようございます。第一級の寒気が抜けたとは言え寒い日が続いていますね!ここ関東地方は、快晴の日々が続いております。月も満月を過ぎ日に日に細くなっております。星野撮影も今しばらくの辛抱ですね!

本日ご紹介する画像は、9日ブログ友のMrJDISさん、mdhn1999さん、後輩のU君とガリバー遠征時に撮影したM81&M82銀河周辺の分子雲の画像となります。

おおぐま座には数多くの銀河系外銀河が存在しておりますが、このM81&M82銀河はその中でも最も明るく見やすい物の一つとなっております。今回はM81&M82銀河周辺の分子雲を表現してみました。銀河は分子雲に比べると明るい為に飽和して白く飛んでしまっています。どうぞご容赦願います。

宇宙区間に浮かぶ分子雲はアウターハロとも呼ばれることがあり、銀河の手前に薄く広がっている星間ガスの集まりです。いわゆるダストの雲のことでこうしたダストは全天に淡く広がっています。

今回は、M81&M82銀河を中心に横構図で狙いまいたが、次回はM81&M82は端に置いて縦構図でリベンジを図りたいと思います。

2016年01月09日23時11分56秒から
露出5分×14枚 コンポジット(加算)
アイダスHEUIB-Ⅱフィルター使用
ノートリミング
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシFC50+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
山梨県富士河口湖町にて

天体写真ブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー(天体写真)下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さん、おはようございます。昨日まで雪の予報が出ておりましたので心配しておりましたが、快晴の天気を迎えております。本日は日曜出勤でしたが、何時もの時間に出れば良さそうです(笑)

本日ご紹介する画像は、1月2日CSTのhayakawa隊長と栃木星野河川公園にて撮影したエリダヌス座にある魔女の横顔星雲です。

魔女の横顔星雲(IC2118)は、エリダヌス座に位置する青っぽい星雲で、その姿から魔女の横顔星雲と呼ばれております。星雲のそばには、オリオン座の一等星リゲルが輝いているので、星図を使ってそこから辿れば場所の検討は付きます。

本来、縦構図で撮るべきでしたが横構図で撮ってしまった為、構図に少し難があり魔女の横顔星雲が窮屈になってしまいました。次回は縦構図で撮影したいと思います。(笑)

やはり中光害地で撮った事もあり画像処理には、少し時間が掛かりました。星雲の周りにも非常に淡いガスが拡がっている事が分かります。魔女の横顔星雲の下方には、赤いガスが拡がっていてバーナードループまで続いているようです。

<撮影日時>
2016年01月02日23時04分52秒から
露出5分×16枚 コンポジット(加算)
IDASLPS-D1フィルター使用
相当のトリミング拡大あり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシFC50+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
栃木県星野河川公園にて

天体写真ブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー(天体写真)下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さん、おはようございます。天気予報では、明日から関東地方も雪が降るかもしれません。どうなる事やら大雪だけは勘弁して欲しいですね。

本日ご紹介する画像は、17日にブログ友のmdhn1999さんスペシャリストaraiと星降る赤城高原にプチ遠征した時の勾玉星雲&IC410のコラボ画像となります。

勾玉星雲は、ぎょしゃ座の5角形の中に在る散光星雲です。日本では、その形がオタマジャクシの様な石細工の勾玉に似ている事から勾玉星雲の愛称で親しまれています。

星雲の明るい部分には、ぎょしゃ座AEと言う変光星があり、この星はオリオン大星雲(M42)で生まれた星で宇宙空間を移動中にたまたまIC405を通り過ぎている途中、ここにある暗黒星雲を明るくしているというからビックリポンですね!

今迄も何回も登場している勾玉星雲ですが、IDAS HEUIB-Ⅱフィルターで撮った初画像となります。生憎機材不調により当初の予定枚数には至っていませんでしたが、画像処理をしてみましたら思いの外良く撮れていましたのでどうぞご覧下さい。

2016年01月17日01時16分36秒から
露出6分×6枚 コンポジット(加算)
アイダスHEUIB-Ⅱフィルター使用
ノートリミング
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシFC50+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
群馬県星降る赤城高原にて撮影

天体写真ブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー(天体写真)下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さん、おはようございます。ここ関東平野では乾燥した冬晴れが続き、先日降った雪がまだ庭先に残る大変寒い日々が続いております。身近でもインフルエンザが流行りつつある様です。うがい等して先ずは風邪など引かぬ様に予防して過ごしましょう。

本日ご紹介する画像は、雪も止み急速に回復した18日に撮った月齢8.3のお月様となります。冬型に成る手前の比較的シーイングが落ち着いている時を見計らって撮影してみました。

多少の大気の揺れは在りましたが、真冬の時期としてはまずまずのお月様を撮る事ができました。どうぞご覧下さい。

<撮影日時>
2016年01月18日18時19分46秒
露出(1/125秒)1枚画像
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+エクステンダーQ1.6x+ケンコー2xテレコンMC7
(1700mm 合成F16.0)
キヤノンEOS70D ISO200
ビクセンSXP赤道儀にてガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

このページのトップヘ