のぼうの星

2015年12月

皆さん、こんばんは。2015年も残り数時間となりましたね!今年は、エルニーニョ現象&地球温暖化の影響もあり、好天の日が極端に少なかった様に思います。

皆さんも楽しみにしていた新月期の遠征も、幾たびか遠征中止又は延期された事でしょう!時には、GPVの降水確率0%で出撃しても曇天に泣かされた事も遭った事でしょう。

さて年の瀬と言う事で、私も2015年を振り返る意味で、自分なりに2015年に撮ったベストセレクションを発表したいと思います。ベスト10と言うか2015年1月から12月までの心に残る10枚をご紹介したいと思います。

先ずは、昨年末から見えだしたラブジョイ彗星(C/2014 Q2)です。「愛と喜び」と言うロマンチックな名前を持つこの彗星、噴出すガスには、アルコールや砂糖の一種など21種類の有機物分子が含まれている事が(NASA)などの研究で明らかになったそうです。<2015年1月19日>
イメージ 1


続きまして、冬の代表的な冬の星座の一つであるぎょしゃ座に在るとても大きな散光星雲の勾玉星雲IC405&IC410のコラボ画像です。ぎょしゃ座の中には、他にM36、M37,M38のとても綺麗な散開星団もあります。是非双眼鏡で覗いてみて下さい。<2015年2月15日>
イメージ 2


2015年の梅雨明けは、7月19日と意外と早く明けてくれました。早速ブログ友のMrJDISさん、mdhn1999さんと富士太郎坊に遠征した時の一枚です。この時にブログ友3人の歴史的対面を果たしたのでした。
その時に撮影した季節先取りのアンドロメダ座大星雲(M31)です。<2015年7月20日>
イメージ 3


連日の猛暑により、かなり体力を消耗しておりましたが、物凄い雷雨により大分涼しくなりました。シーイングも落ち着き見事な下弦の月を撮影する事ができました。<2015年8月7日>
イメージ 4


秋雨前線で天気が安定しない中、北関東が晴れるとの事で、ブログ友のMrJDISさんからお誘いを受けmdhn1999さんもお誘いして赤城新坂平へ遠征しました。空一面の曇り空から一転急速に晴れ大好きなケフェウス座のIC1396星雲を撮影しました。<2015年9月21日>
イメージ 5


絶好の観測日和に恵まれ季節先撮りで、プレアデス星団(M45)も撮影してみました。分子雲が流行っている昨今ですが、私なりに過度な処理は控え綺麗なプレアデス星団にしてみました。<2015年9月21日>
イメージ 6


9月28日のスーパームーン&翌日の仲秋の名月(十五夜)の事は、マスコミも大々的に報じてくれました。普段は、満月は余り撮る事はありませんが、今年は、ブルームーン、クリスマスムーン(ラッキームーン)など数多くの満月を撮る機会を得ました。スーパームーン<2015年9月28日>
イメージ 7


10月9日久々にCST友の会hayakawa隊長、mori副隊長で赤城新坂平遠征に参加しました。この日初めてブログ友のtatsuさんにお会い致しました。ここでASTRO 6Dの素晴らしさを知ってしまった訳です(笑)
先ずは冬の定番、いっかくじゅう座のバラ星雲です。<2015年10月9日>
イメージ 8


9月に撮ったカリフォルニア星雲のリベンジ作となります。やはり700mの赤城高原で撮った画像と1400mで撮った赤城新坂平で撮った画像とでは、一目瞭然でした!<2015年10月9日>
イメージ 9


最後は今年最後の遠征となった赤城高原で撮影したいっかくじゅう座のわし星雲(IC2177)です。この日は、ブログ友のmdhn1999さん、MrJDISさん、スペシャリストaraiさんとの合同観測でした。突然の雪で大慌てで退散したのは、昨日の様に覚えております(笑)
イメージ 10


てな感じで、今年を振り返ってみました。天候不順でしたが、私なりに頑張ってみました。期待したカタリナ彗星は若干暗かったですが、来年早々撮影を再開したいと思います。

今年1年多くの方々にご訪問いただきありがとうございました。来年は、もう少しレベルアップを図って行きたいと思っております。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

イメージ 1

皆さん、こんにちは。関東平野は、この上ない冬晴れに恵まれております。本当に満月期は良く晴れますね!来年の新月期こそ安定した天文日和に恵まれたいところです。

昨夜は、katou先輩が本格的に天体撮影を再開するとの事で、ステラショット導入に備えデジカメの動作確認及び必要部品調達の為、天文ショップCSTに天文仲間(moriさん&私)が集まりました。

偶然にもFSQ-130EDの実機及びF3レデューサーを実際に手に触れる事ができました。ずっしりしたFSQ-130EDの迫力に圧倒されました。心地良い重さを感じましたね!とてもじゃないですが、私のSXP赤道儀には載る代物ではない事が直ぐ分かりました(笑)決して浮気はしません!いゃあ~できません(笑)

その後、皆さんでガストへ移動しCST友の会の2015年のオフ会を実施しました。今後の観測計画やkatou先輩のデジカメ選定など話題は尽きず、あっと言う間の2時間が経過しました。katou先輩に今が旬のカキフライを御馳走して頂きました。

帰宅後、深々と冷える自宅庭にて月齢17.2のお月様を撮影してみました。北風が幾らか収まったとは言え小刻みな大気の揺れの残る月面でしたが、真冬としてはそこそこな月面を撮る事ができました。

月が細くなるのを指折り数えている今日この頃です。それでは、下手な横付きの月面でも眺めて下さい。

<撮影日時>
2015年12月29日00時55分50秒
露出(1/100秒)1枚画像
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+エクステンダーQ1.6x+ケンコー2xテレコンMC7
(1700mm 合成F16.0)
キヤノンEOS70D ISO100
ビクセンSXP赤道儀にてガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さん、こんにちは。今年も残すところ4日となりましたね。今日は、関東地方特有の乾燥した快晴のお天気となっております。北風が少し冷たい一日となりそうです。

本日ご紹介する画像は、ブログ友のMrJDISさん、mdhn1999さんと星降る赤城高原にて撮影した19日早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10)です。実は、この日カタリナ彗星を撮影する時は、雲が流れたり雪が降って来たりと散々の天気でした。

雪降る感動的な遠征時のカタリナ彗星(C/2013 US10)の姿を何とか形だけには、残して置きたいと思い、今回駄目下で画像処理をしてしまいました。

やはり、雲が流れたり雪が降って来たりで、クリアーな画像は殆どありませんでした。その中でも比較的マシな画像5枚を彗星核コンポジットしてみました。

結果的にソフトフィルターを掛けたような超マイルドな彗星像となりました。一面が真っ白に雪化粧した中でも証拠の写真がどうにか形に出来た事にとても満足できました。

来年こそは、ブログ友のフィガロさんやninnzyaさんのような立派なカタリナ彗星の画像を撮りたいと思う今日この頃です!

<撮影日時>
2015年12月19日04時57分15秒から
露出2分×5枚 彗星核コンポジット(加算)
HEUIB-Ⅱフィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシFC50+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
群馬県赤城高原にて

天体写真ブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー(天体写真)下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さん、おはようございます。暖冬とは言えやっと冬将軍が南下して来ましたね!ここ関東地方も氷点下に近い冷え込みとなって参りました。

昨夜は、クリスマスでしたね!皆さんは、如何過ごされた事でしょう。我が家では、子供が大きく成り余り変わり映えの無い一夜でした。

丁度クリスマスを迎えた昨夜は、満月が煌々と照っており38年ぶりの「クリスマスムーン」でした。クリスマスに出る満月の事を一般的には、「ラッキームーン」と呼ぶそうです。

次のクリスマスムーンは、19年後の2034年だそうです。文字通り今回の満月が見られてラッキーな事だった様ですね!

世界の子供達にプレゼントを配ろうと夜空を駆け巡るサンタクロースにとって、闇夜で頼りとするのがトナカイの真っ赤なお鼻と夜空を煌々と照らすクリスマスムーンの光だった様です(笑)

<撮影日時>
2015年12月25日21時10分19秒
露出(1/250秒)1枚画像
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+エクステンダーQ1.6x+ケンコー1.4xテレコンPRO300
(1,190mm 合成F11.2)
キヤノンEOS70D ISO100
ビクセンSXP赤道儀にてガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

イメージ 1

皆さん、こんばんは。2015年も残り8日となりましたね。フラットがなかなか合わず先送りにしていましたが、ようやく画像処理が終わりましたので、画像をアップしたいと思います。

本日ご紹介する画像は、ブログ友のMrJDISさん、mdhn1999さんと今年最後の赤城高原遠征にて撮影したお得意のいっかくじゅう座に在る散光星雲IC2177(わし星雲)です。この日の天候は、北から雲が湧き薄雲が中々取れないフラストレーションの溜まる撮影となりました。

予定では、6分×16枚ほどを目論んでいましたが、雲の通過による影響もあり使えた画像は、半分の8枚だけとなってしまいました。

ある程度光害カットフィルターLPS-D1での有名天体は撮り終えておりますので、今後はアイダスHEUIB—Ⅱ
フィルターにて撮影してみようと思っています。

このアイダスHEUIB—Ⅱフィルターは、Hα域の透過率を保持しながら赤カブリを抑えながら赤い星雲のコントラストを強める働きがあります。ある程度空の良い場所では、好結果が期待できますので、今後はメインに使って行きたいと思っています。

画像処理の結果もまずまずの作品となりました。若干、ワイドマウントのネジの緩みにより若干のスケアリング不良が有り方ボケが生じておりますが、ご勘弁下さいませ!

<撮影日時>
2015年12月19日01時24分42秒から
露出6分×8枚 コンポジット(加算)
HEUIB-Ⅱフィルター使用
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD(380mm F3.6)
Central DS ASTRO6D ISO1600
ビクセンSXP赤道儀にて
タカハシFC50+LodestarX2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
群馬県赤城高原にて

天体写真ブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー(天体写真)下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ranking.html ]

このページのトップヘ