のぼうの星

2014年05月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

皆さん、おはようございます。
23日の遠征時パンスターズ彗星&リニア彗星の合間を縫ってペガサス座にあるステファンの五つ子銀河を狙ってみました。
ビクセンのSXP赤道儀の自動導入でしたので真ん中にいるはずなのですが、ステファンの五つ子はどこ?
いました。いました。ステファンの五つ子てこんな小さかったのですね。知らなかった。
銀河だったので2~30分で写ると思っていたのですが甘かった、駄目画像でした。
この銀河は最低でも800mm以上の焦点が必要です。U君の30cmオライオンが正解の様です。
でも近くにNGC7331というアンドロメダ星雲似の大きな銀河の存在に気づきました。
是非、焦点&露光を60分以上掛けてリベンジしたいものです。

今回はノートリミング&やや拡大&拡大の駄目画像をアップ致します。

<撮影日時>
2014年5月24日1時17分53秒~
8分×4枚コンポジット(加算) 
IDAS LPS-D1フィルター使用
トリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da(ISO800)
ビクセンSXP赤道儀+FC50+WAT-100Nにて
アドバンスユニットによるビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
群馬県昭和村にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

皆さんこんにちは。久々のブログの更新となります。
ネタも尽き果てGPV天気予報の悪い中、群馬県昭和村へ一人きりで彗星観測に出かけました。
予想通りうす雲の湧くはっきりしない星空でしたが、雲の襲来の合間を見て撮影に成功致しました。

海外で捉えられたパンスターズ彗星(C/2012 K1)の画像を見るとイオンテイルが伸び始めていましたので期待をして行ったのですが、光害地に程近い700m程の高地ではこんな物でしょうか?

今現在パンスターズ彗星(C/2012 K1)は8等級程でおおぐま座の後ろ足に位置しています。双眼鏡での観測では少し難しですが、秋には見事な彗星となって私たち彗星ファンを楽しませてくれる事でしょう。

今回アップする画像は、ややトリミングしたパンスターズ彗星&同一の白黒反転画像及び拡大画像です。

<撮影日時>
2014年0月23日22時27分26秒~
3分×8枚コンポジット(加算) 
IDAS LPS-D1フィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da(ISO800)
ビクセンSXP赤道儀+FC50+WAT-100Nにて
アドバンスユニットによるビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
群馬県昭和村にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

皆さん、おはようございます。

本日ご紹介する画像は、おおぐま座にある惑星状星雲のフクロウ星雲&系外銀河のM108です。この二つの被写体は、天文ファンなら誰もが知っている位有名な天体です。

丸い光芒の中に目玉のような二つの暗部があり、大口径望遠鏡ではフクロウの顔の様に見える事から、この愛称が付けられた惑星状星雲です。M108(系外銀河)とわずか45′しか離れていないので、低倍率では同一の視野で観望できます。

M97の実直径は7.3光年で惑星状星雲の中では最大級」のものです。中心性は14等級で85,000°Kという高温の白色惑星です。

M108銀河は別名カツオブシとかの愛称があるようですが、よく見ると確かに「鰹節」に見えるような?

<撮影日時>
2014年04月26日22時36分20秒~
5分×6枚コンポジット(加算平均) 
IDAS LPS-D1フィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da(ISO800)
ビクセンSXP赤道儀+FC50+WAT-100Nにて
アドバンスユニットによるビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
群馬県昭和村にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

皆さん、おはようございます。先週紹介させて頂いたシグマ150mmF2.8マクロレンズによる画像のFSQ-106EDによる拡大版となります。

白鳥座の翼の少し上ε星のすぐ近くに存在する有名な超新星残骸「網状星雲」です。この網状星雲は7万年前に重量級の恒星が爆発した名残りです。
距離は1,500年の彼方にあり今でも秒速100キロ程度の速度で膨張しています。
それにしても白鳥座の天の川の内に在るという事もあり星数が半端ではないですね!

5月4日強風の中での撮影でしたので、ガイドエラーがとても心配でしたが、何とかSXP赤道儀も堪えてくれました。今回は網状星雲の片側だけですが、次は相方も入れて撮影したいと思います。
その点EOS6D改造+645RDによるシステムなら余裕で収まるのですが?何しろ高価すぎますよね!

<撮影日時>
2014年05月4日01時41分59秒~
10分×8枚コンポジット(加算) 
IDAS LPS-D1フィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da(ISO800)
ビクセンSXP赤道儀+FC50+WAT-100Nにて
アドバンスユニットによるビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
群馬県昭和村にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

皆さん、おはようございます。
本日ご紹介する画像は、G/W前半に撮影したへび座のイーグル(鷲)星雲(M16)です。前にもM16&M17のコラボ写真を掲載しましたが、今回はM16単独の画像となります。

1995年4月にはハッブル宇宙望遠鏡によって星雲中央にある細長い暗黒星雲が撮影されました。その時の観測によって暗黒星雲の柱の先端から細い分子雲が伸びており、その先端に生まれたばかりの星が隠されれている暗黒星雲の様子に「創造の柱」(Pillars of Creation)と名付けられました。

FSQ106EDの小口径の望遠鏡ながら「創造の柱」の存在が分かります。タイトルStar-Birth Clouds・M16にもあります様に今まさにイーグル星雲では星の誕生というドラマが繰り広げられております。

<撮影日時>
2014年04月27日02時16分22秒~
10分×6枚コンポジット(加算) 
IDAS LPS-D1フィルター使用
僅かのトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da(ISO800)
ビクセンSXP赤道儀+FC50+WAT-100Nにて
アドバンスユニットによるビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
群馬県昭和村にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しければ、バナー下のアドレスをポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

このページのトップヘ