のぼうの星

2013年10月

イメージ 1

天気の悪かった関東地方も昨夜は久々に晴れてくれました。
まだ月齢26.1の月が出てきますので、ラヴジョイ彗星だけ撮ってみました。
2週間前とは大違い!すごくしっかり明るくなってきました。
現在8等級でアイソン彗星より大きく明るくなっています。
これは期待が持てそうです。本当にエメラルドグリーンが美しい彗星です。
今後、11月から12月にかけて、地球に0.4天文単位、太陽に0.8天文単位まで接近し、
5等級まで明るくなると予想されています。
新月後の話題の3彗星&バーストしたリニア彗星に期待したいと思います。
<撮影日時>
2013年10月31日01時17分20秒~
80秒×10枚彗星核コンポジット(加算) 
LPS-P2フィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて
ポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ ]

イメージ 1

先日のCST友の会遠征時に撮影したカシオペア座にあるバックマン星雲(NGC281)です。
以前、胎内平で撮影したバックマン星雲のリベンジを図った最新作となります。
バックマン星雲(NGC281)は、星見人の中ではあまり人気は無いようですが、
秋の天の川に浮かぶとても美しい散光星雲であり、私の大好きな対象の一つです。
<撮影日時>
2013年10月13日00時45分06秒~
5分×8枚コンポジット(加算) 
LPS-P2フィルター使用
若干のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
群馬県昭和村にて
ポチットお願い致します。
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ ]

イメージ 1

今回も山梨県の富士河口湖町ガリバーで撮影したオリオン座の馬頭星雲IC434です。
馬頭星雲の見つめる先にひときわ輝く星がアルニタクです。青色超巨星で三連星ですが、
このアルニタクも馬頭星雲から生まれたそうです。
FSQ-106ED(屈折望遠鏡)で撮るとハレーションが非常に醜いですね。この場所に関しては、私の
もう一本の愛機イプシロン130の方がスパイダー像が美しく出てくれるのですが。ご勘弁願います。
<撮影日時>
2013年10月07日02時25分24秒~
5分×6枚コンポジット(加算) 
LPS-P2フィルター使用
トリミング無し
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
山梨県富士河口湖町ガリバーにて
ポチットお願い致します
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ ]

イメージ 1

今回も山梨県の富士河口湖町ガリバーで撮影したカリフォルニア星雲となります。
昨年那須で撮影した画像は、既にブログで紹介させていただいておりますが、
今回は、撮影地&透明度、露出枚数、諸条件がそろった最新作となります。
この星雲はとても大きいので、愛機FSQ-106ED+RDでは、写野ぎりぎりとなります。
カリフォルニア星雲はHα輝線で光っている為、殆どが赤色で輝いています。
その分、高輝度から低輝度までの諧調の振り分け大変難しく、星雲の中の模様を
出すのに本当に苦労しました。
<撮影日時>
2013年10月06日21時55分18秒~
5分×12枚コンポジット(加算) 
LPS-P2フィルター使用
トリミング無し
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
山梨県富士河口湖町ガリバーにて
ポチットお願い致します
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ ]

イメージ 1

みなさん、おはようございます。
本日ご紹介する画像は、恒星風で作られたバブル星雲です。他にしゃぼん玉星雲・泡状星雲
などと呼ばれています。とにかくカシオペア座の天の川の中にありますので、星々で一杯です。
隣に散開星団(M52)や淡い散光星雲も写しだされています。
バブル星雲は、地球から7100光年の距離にありおよそ6光年もの広がりがあるそうです。
<撮影日時>
2013年10月07日00時11分03秒~
5分×10枚コンポジット(加算) 
LPS-P2フィルター使用
トリミング無し
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE(385mmF3.6)
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
山梨県富士河口湖町ガリバーにて
ポチットお願い致します
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
[https://photo.blogmura.com/p_star/ ]

このページのトップヘ