のぼうの星

2013年09月

イメージ 1

昨夜は、久々に美しい星空となりましたので、自宅から下弦の月を撮影しました。
下弦の月を撮影したのは、20年以上前の事となります。
当時、鏡筒はタカハシFC-100、カメラはニコンF2、フィルムはTP2415で撮影、
自宅で現像、印画紙にその朝に焼いた記憶があります。
今となっては、遠い遠い昔の一コマです。
<撮影日時>
2013年9月27日00時41分24秒~
ISO400 露出1/60秒 
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+エクステンダー
850mm(F8)
キヤノンEOS70D
ビクセンSXP赤道儀にて
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

今夜は中秋の名月と言う事で、久々に月を撮ってみました。
満月を撮るのは、何年か前の月食以来でしょうか?
とにかく光量が半端じゃ無いので露出がとても難しいです。
暦の関係で、中秋の名月は必ずしも満月になるとは限らないそうですが、
2011年、2012年に続き今年も満月で迎えることになったそうです。
ただ今年を逃すと次は、東京オリンピックの先の2021年になってしまう
そうです。
しかし、満月期はこの好天続き、いったいどうなってるんでしょうかね?
<撮影日時>
2013年9月19日21時45分24秒~
ISO100 露出1/250秒 
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+エクステンダー
850mm(F8)
キヤノンEOS70D
ビクセンSXP赤道儀にて
フォトショップCS6にて調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

台風18号が足早に過ぎ去り、関東平野は台風一過澄み切った星空となりました。
しかし上弦を過ぎた月が煌々と辺りを照らしておりました。
月の沈むわずかな時間を見計らってアイソン彗星の撮影を試みました。
予報では12等台のはずですが、ちょこっと暗いですかね?
いやいや、まだ太陽まで2.8億キロのところを運行中なのです。
10月になれば、徐々に明るくなる事でしょう。本番は11~12月です。
まだ微かに写っている程度のアイソン君ですが、画像をアップさせていただきます。
<撮影日時>
2013年9月17日02時47分13秒~
2分×10枚コンポジット(加算) 
HEUIB-Ⅱ+LPS-P2フィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

イメージ 2

新月期の9月8日に予定をしておりましたCST友の会の遠征も中止となりました。
本日は、キヤノンから新発売となりましたEOS70Dによる一般写真です。
ブログのタイトルの由来となっている我が故郷のシンボルのぼうの城でございます。
私の実家は、蓮の花でちょこっと有名な室町時代に開かれた小見山嶺雲寺です。
何を隠そう、嶺雲寺をお開きになったお坊様が、昨年公開された<のぼうの城>で
登場した名優故夏八木勲さん演ずるあのお坊様(明嶺理察大和尚様)だったのです。
何となく親近感の湧くひと場面でもあり、のぼうの星の由来でもあります。
行田市のシンボルのぼうの城(忍城)及び、蓮の花の咲く嶺雲寺(見ごろは初夏)に
是非お越し下さい。
<1枚目の撮影日時>
2013年9月1日7時33分
露出1/400秒 
シグマ18-35mmF1.8
18mm(絞りF10) ISO100
キヤノンEOS70D
<2枚目の撮影日時>
2013年9月1日7時30分
露出1/250秒 
シグマ18-35mmF1.8
18mm(絞りF10) ISO100
キヤノンEOS70D
<撮影場所>
埼玉県行田市内忍城にて
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

イメージ 1

今月中旬いるか座に明るい新星を発見された山形の板垣公一さんが8月25日に同じ
いるか座の小宇宙NGC6956内に超新星2013faを16.2等で発見されました。
何とか撮影をしてみたいと思っていましたが、今年はなかなか晴れてくれません。
昨日雨の降る僅かの晴れ間を縫って超新星の撮影に挑戦してみました。
ビクセンのSXP赤道儀の自動導入に任せ初めてNGC6956銀河を撮影してみました。
タカハシFSQ-106ED+RD(焦点距離385mm)では、本当に小さな小さな小宇宙です。
強拡大を試みましたら、小さいながらくっきりと超新星が写っていました。
鑑賞写真では無く、あくまでも記念写真としてご覧頂けたらと思います。
<撮影日時>
2013年9月3日21時47分13秒~
1分×6枚コンポジット(加算) 
HEUIB-Ⅱフィルター使用
相当のトリミングあり
<撮影機材>
タカハシFSQ106ED+RE
キヤノンEOS60Da
ビクセンSXP赤道儀+FC50にて
ビデオガイド
ステライメージ7にて画像処理
フォトショップCS6にて画像調整
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて
https://photo.blogmura.com/p_star/img/p_star88_31.gif
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)

このページのトップヘ