皆さん、おはようございます。今日の関東地方は、雲一つない快晴の朝を迎えております。

昨夜は、1580年以来実に実に442年ぶりと言う皆既月食中に天王星食も見られるスペシャルデーでした。

7日は夕方から雲が湧いたのでちょこっと心配していましたが、久々に西風が吹いていたので曇る心配は全くありませんでした。

自宅庭に設置してあるのぼうの星天文台では昇って来る方向は大きな木や電線が一杯あるのでFSQ-106ED鏡筒+シグマ150mmF2.8レンズ+AXJ赤道儀は50mほど離れた田んぼの中に据え付けました。

本日ご紹介する画像は、のぼうの星天文台で撮影したビクセンR200SS+エクステンダーで撮影した皆既月食中の天王星食でございます。

因みに皆既月食の天王星は、月の左側やや下側に小さな星がくっいているのがお分かりになるでしょうか?


皆既月食中の天王星食.2022.11.08.単独

続きましてご紹介する画像は21時39分から1分おきに移動する天王星を比較明でコンポジットしたものです。天王星が赤道色に輝く月に隠される瞬間は感動的で天文ファンで良かった実感できる時でした。


皆既月食中の天王星食.2022.11.08.のぼうの星天文台のほとり


次に皆既月食中に惑星食が見られるのは実に322年後の7月に起こる土星食だそうです。当然ながら次回は見られませんが土星食も感動するでしょうね!


<撮影日時>
2022年11月08日 21時41分24秒から
露出4秒 (1枚目) 2枚目は21時39分から1分おきに3枚を比較明でコンポジット
相当のトリミングあり 
<撮影機材>
ビクセンR200SS+エクステンダーPH 焦点距離1120mm (F5.6)
キャノン EOS 60Da ISO1600  
ビクセンSXP赤道儀にて
ステライメージ  9 にて画像処理 
Photoshop CS6にて調整

<撮影場所>