皆さん、こんにちは。今日の関東地方は、やや雲が多めですが晴れております。やや湿度が高いので不快に思われる方も多い事でしょう!

お彼岸まではこの蒸し暑さが続いてしまいそうです!今しばらく熱中症には十分注意してお過ごし下さい。

早生の水稲はやや色づき始めました。10月に成ると我が田んぼも稲刈りが始まります。今は畔の除草剤散布や草刈り機を使った除草が忙しいです。今日はちょこっと暑いので2時半くらいまで昼休みです(笑)

さて昼休みにご紹介する画像は、先月末の新月期に会津高原で撮影したぎょしゃ座の勾玉星雲(IC405)&
ドクロ星雲(IC410)オタマジャクシ星雲のコラボ画像となります。

同時刻隣のシステムでは、ビクセンのR200SS+エクステンダーPHでドクロ星雲(IC410)を撮影しておりましたが、タカハシFSQ-106ED+645RDでは、この勾玉星雲&ドクロ星雲を撮影していました。

若干薄雲が通過したりしておりましたので、いまいち切れ味は鋭く有りませんが何とか無難な作品が出来上がりました。

ぎょしゃ座にはM36、M37、M38の美しい散開星団がありますが、この二大散光星雲は私たち天体写真ファンの絶好のターゲットになっております。

因みに左がガイコツ星雲(IC410)オタマジャクシ星雲で右の大きい方が勾玉星雲(IC405)でございます。


IC405&1C410.2022.08.28.WebⅧjpg


<撮影日時>
2022年08月28日 26時08分24秒から
露出5分×16枚 σクリッピング  IDAS LPS-D1フィルター使用
総露出80分  
若干のトリミング あり 
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+645RD 
焦点距離380mm (F3.6)
Central DS ASTRO 6D ISO1600
ビクセンAXJ赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>