皆さん、おはようございます。今日の埼玉県北部熊谷近辺は40度予想が出ています。昨日の予想より1度低い予想ですが、今日あたり日本記録の41.1度を超えそうな予感がしております。

この暑いのに義父からドローンで直播き水稲二町歩の追肥を頼まれております。水分を十分取って倒れないようにしたいと思います。

さて本日ご紹介する画像は、福島県南会津で撮影したへび座に輝くイーグル星雲でございます。このイーグル星雲はへび座とたて座との境界付近に位置しております。

散光星雲の広がった形が空飛ぶ鷲の姿に似ている事から海外ではイーグル星雲(Eagle Nebula)と呼ばれております。

イーグル星雲は昔から我々天文ファンに広く知られた天体となっておりますが、当時としては拡大して撮影されることは無く、直ぐ下で輝くオメガ星雲M17と共に写されることが多い天体でした。

最近ではハッブル宇宙望遠鏡が「創造の柱」と言う星雲中心部の拡大写真を発表して以来、デジタル機器によるイーグル星雲の拡大撮影が増えて来ました。


M17わし星雲.2022.07.30.WebⅦ


<撮影日時>
2022年07月30日 23時33分24秒から
露出5分×16枚コンポジット (σクリッピングにてコンポジット)
若干のトリミングあり 
<撮影機材>
ビクセンR200SS+エクステンダーPH 焦点距離1,120mm (F5.6)
ニコン ASTRO D850 ISO3200  LPS-D1フィルター使用
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ  9 にて画像処理 
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>