皆さん、おはようございます。今日の関東地方は、概ね晴れの天気ですがちょっと雲が掛かって湿度が多そうです。

さてゴールデンウイークも終わりに近づいてきました。新月期と言う事で星見人の皆さんは彼方こちらに出掛けた事でしょう!

私も3日と4日に近くのお山へ星見遠征してきました。両日ともに良いお天気で撮影する事が出来ました。

3日は種蒔き作業が終えた後急いで群馬県赤城山へ出かけました。行く分群馬県境の坂東大橋が混んでいましたが、割かしすんなり現地に到着する事が出来ました。

現地にはCSTのhayakawaさん、kurokiさん、とまるさんと北茨城から来られた方が陣取っておられました。

赤城山新坂平は1400mあり気温が下界より10度ほど低く冬の様そうでした。朝方には3度程になりましたので、正に冬と言ったところでした。

さて本日ご紹介する画像は、まだ夜半前は春の星座たちで覆われております。春の銀河の定番でもあるかみのけ座のエッジオン銀河NGC4565でございます。

NGC4565銀河はかみのけ座の渦巻銀河で、地球からは約3000万年から5000万光年離れております。

この銀河は10等級で、ポラリスが地球から見て天の北極に位置するように、銀河系の銀河北極に垂直に位置しているエッジオン銀河です。


NGC4565.2022.05.03.WebⅣ

<撮影日時>
2022年05月03日 20時59分24秒から
露出5分×20枚コンポジット (σクリッピングにて)
相当のトリミングあり 
<撮影機材>
ビクセンR200SS+エクステンダーPH 焦点距離1,120mm (F5.6)
キャノン EOS R ISO3200  LPS-D3フィルター使用
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ  9 にて画像処理 
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>