皆さん、おはようございます。今日の埼玉県北部は、西高東低の気圧配置に伴い快晴の空となっております。気温も3度前後でとても寒い朝となっております。

埼玉県でも新型コロナウイルスの新規感染者が500人を超えて来ました。1,000人くらいに成りそうですね!感染スピードが半端じゃなさそうです。感染予防の徹底が引き続き必要ですね!

さて本日ご紹介する画像は、ペルセウス座の足元に在るとてもとても大きな散光星雲で伊勢えびにも見えてくるカリフォルニア星雲(NGC1499)でございます。

このカリフォルニア星雲を冷却CCDで撮影しハップルパレットで処理をするとレインボーなカリフォルニア星雲となります。満月期に成ったら是非撮影してみたいと思います。

カリフォルニア星雲はHα輝線で光っている星雲の代表となります。やはり星見人なら何度でも撮影したくなるメジャーな天体の一つとなります。

s-カリフォルニア星雲.2021.12.04.修正



<撮影日時>
2021年12月04日 21時56分24秒から
露出5分×16枚コンポジット(σクリッピングにて)
若干のトリミングあり 
<撮影機材>
タカハシ ε-160ED 焦点距離530mm (F3.3)
ニコン ASTRO D850 ISO3200  LPS-D1フィルター使用
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ  9 にて画像処理 
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>