皆さん、こんにちは。今日の関東地方は、幾分東の風が強く吹く晴れの天気となっております。台風14号が温帯低気圧に変わるタイミングが遅れ台風のまま日本に近づく可能性が高まっております。進路にあたる地方の方はくれぐれもご注意下さい。

さて本日ご紹介する画像は、ペルセウス座で輝く大きな散光星雲のカリフォルニア星雲でございます。ご覧の通り長時間露光で撮影した画像を見ると、形がアメリカ合衆国のカリフォルニア州に良く似ている為この名が付いております。

地球からの距離は1,000光年で、表面輝度は非常に低いために殆んど肉眼では見る事は出来ません。カリフォルニア星雲はエドワード・エマーソン・バーナードによって1884年に発見されました。


s-カリフォルニア星雲.2021.09.11.浄土平

<撮影日時>
2021年09月11日 23時01分24秒から
露出5分×16枚コンポジット(σクリッピングにて)
トリミング無し 
<撮影機材>
タカハシ ε-160ED 焦点距離530mm (F3.3)
ニコン ASTRO D850 ISO3200  LPS-D1フィルター使用
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2
PHD2にてオートガイド
ステライメージ  9 にて画像処理 
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>