皆さん、おはようございます。今日の関東地方は小雨降る肌寒いお天気となっております。相変わらず秋雨前線が本州南岸に停滞し暫く雨模様となりそうです。星見人の方々は、新月期に関わらず残念な週末となってしまいそうです。

さて本日ご紹介する画像は、群馬県は妙義山にてシグマ APO MACRO 150mmF2.8レンズで捉えたカシオペア座のハート星雲(IC1805)&ソウル星雲(IC1848)散光星雲の画像となります。

今回はFSQ-106EDに並列同架されているシグマ150mmレンズを90度回転させるのを忘れていました。
ちょこっと違和感もありますが、これはこれで中々良い構図でであったと自己満足しております。

冒頭にも書きましたが、全国的に雨模様ですね!昨年のネオワイズ彗星の頃の嫌な思い出が蘇って来ました。それにしても明るい彗星が全くありません。割と明るい彗星を撮って来ている自分にはもう耐えられません。

15等級程の暗い彗星迄殆んど撮り続けておられる熊谷のきむらさん(こめた)さんには頭が下がります。

s-シグマ150mmF2.8によるハート&ソウル.2021.08

<撮影日時>
2021年08月10日 27時04分55秒から
露出5分×10枚コンポジット(σクリッピングにて)
若干のトリミングあり
<撮影機材>
シグマ150mmF2.8Apo Macro  (絞りF3.5)



キャノンEOS 60Da
ビクセンAXJ赤道儀にて自動ガイド
<画像処理>
ステライメージ9にて画像処理 
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>