のぼうの星

皆さん、おはようございます。今日の関東地方は久々の日本晴れの快晴となっております。大型で強烈な台風19号が今週末関東地方目掛けて北上中です。どうか被害が出ないように祈るばかりです。
さて本日ご紹介する画像は、沈みゆくはくちょう座の網状星雲の片側のNGC6992-5であります。
雲が雪雲のように流れ、風が強く途中に突風も吹きややガイドが怪しいですが、何とか作品にしてみました。
網状星雲は、はくちょう座ε星の3°から5°ほど東西に約3°の間隔で向かい合った半弧状の散光星雲です。今回はビクセンR200SS+コレクターPH(760mm)仕様ですので片側だけ狙いました。

s-網状星雲NGC6992.2019.10.04.WebⅣ

<撮影日時>
2019年10月04日23時47分24秒から
露出5分×16枚 σクリッピングコンポジット
総露出80分 
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH 
焦点距離760mm (F3.8)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
群馬県下仁田町妙義山にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]


皆さん、こんにちは。ゴールデンウイークの撮影以来全くと言って良いほど遠征の機会が無かった訳ですが、ようやく4日の晩に群馬県妙義山に遠征し撮影する事が出来ました。
現地にはnakajimaさんを始め含め多くの星見人の方が集結しておりました。車の数はざっと十数台と言ったところでしょうか?皆さんこの機会を待ちに待っていたのでしょうね!
先ずは月の沈む前から撮影を始めたアフリカーノ彗星(C/2018 W2)であります。やはり月明かりが残っていましたので、画像はノイズたっぷりで粗れ気味です。ご勘弁ください。
このアフリカーノ彗星は2018年11月27日アメリカのゲレーラさんがCatarinaスカイベイで、18.2等及び同じくアメリカのアフリカーノさんが18.3等でそれぞれCCDにて独立発見されております。
現在8等台前半でみずがめ座のフォーマルハウトの少し上辺りの南に低い位置にあります。今後は急激に南下するので11月には観測出来なくなってしまいそうです。
s-2018W2アフリカーノ彗星.2019.10.04WebⅡ

<撮影日時>
2019年10月月04日21時03分24秒から
露出80秒×10枚 メトカーフコンポジット
総露出800秒 
若干のトリミングあり
<撮影機材>
ビクセンR200SS+コマコレクターPH 
焦点距離760mm (F3.8)
Central DS ASTRO D850 ISO1600
ビクセンAXD赤道儀にて
タカハシGT-40+Lodestar X2 
PHD2にてオートガイド
ステライメージ8にて画像処理
Photoshop CS6にて調整
FratAidoProにてフラット補正
<撮影場所>
群馬県下仁田町妙義山にて
天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]


皆さん、こんにちは。今日の関東地方は、久々の快晴で気温32度の真夏の天気となっております。暑さ寒さも彼岸までと昔の人がおっしゃる通り、朝晩はだいぶ涼しく成って来ました。
全国の天文ファンの皆様に於かれましては、まだまだ満月過ぎの月齢17.7の月がありますので、今暫くの辛抱が必要の様です。
さて今回導入に踏み切ったのは、星友のマルさんやitoさんが導入され釣果を出しているWILIAM OPTICS社製のRed Cat51であります。

Kredcat_banner

今回は地元のCST(コンピューター・システム・テレスコープ)にRed Cat51 K-ASTEC Limitedを発注させて頂きました。Red Cat51は赤猫ですが、やはりFSQ-106EDの隣に載せる関係からもK-ASTECの限定モデルの白猫にしました。
kcat001
4枚玉ペッツバール式光学系のフォトビジュアル鏡筒です。各レンズには高級なオハラ光学の極低分散レンズFPL53及びFPL51を採用しているそうです。それにより高い色収差補正性能を有しています。
redcat03

このRed Cat51にはピント合わせに重宝する「透明」のバーティノフマスクがメタルキャップ内に内蔵しているのでピント合わせが今から楽しみです。
redcat020


早速次回遠征時から活用するプランのタカハシFSQ-106ED+645RD+ASUTRO 6Dの横に鎮座するRed Cat51 K-ASTEC Limitedであります。

s-P1010712

さて今月末は果たして晴れますでしょうか?宝の持ち腐れにならなければ宜しいのですが!

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

このページのトップヘ