のぼうの星

皆さん、こんにちは。今日の関東地方は、久々の快晴で気温32度の真夏の天気となっております。暑さ寒さも彼岸までと昔の人がおっしゃる通り、朝晩はだいぶ涼しく成って来ました。
全国の天文ファンの皆様に於かれましては、まだまだ満月過ぎの月齢17.7の月がありますので、今暫くの辛抱が必要の様です。
さて今回導入に踏み切ったのは、星友のマルさんやitoさんが導入され釣果を出しているWILIAM OPTICS社製のRed Cat51であります。

Kredcat_banner

今回は地元のCST(コンピューター・システム・テレスコープ)にRed Cat51 K-ASTEC Limitedを発注させて頂きました。Red Cat51は赤猫ですが、やはりFSQ-106EDの隣に載せる関係からもK-ASTECの限定モデルの白猫にしました。
kcat001
4枚玉ペッツバール式光学系のフォトビジュアル鏡筒です。各レンズには高級なオハラ光学の極低分散レンズFPL53及びFPL51を採用しているそうです。それにより高い色収差補正性能を有しています。
redcat03

このRed Cat51にはピント合わせに重宝する「透明」のバーティノフマスクがメタルキャップ内に内蔵しているのでピント合わせが今から楽しみです。
redcat020


早速次回遠征時から活用するプランのタカハシFSQ-106ED+645RD+ASUTRO 6Dの横に鎮座するRed Cat51 K-ASTEC Limitedであります。

s-P1010712

さて今月末は果たして晴れますでしょうか?宝の持ち腐れにならなければ宜しいのですが!

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

皆さん、こんばんは。今日の埼玉県北部は群馬県境と県南の雷雲が発達しバケツをひっくり返したような豪雨となりました。何歳に成っても雷様は怖いものです。
さて本日ご紹介する画像は、9月6日の上限の月です。この日は夕方から晴れてきまして、綺麗な月が出ておりましたので撮影してみました。
その後晴れが続けばアフリカーノ彗星でも撮影しようと思っていましたが、僅か1枚で曇ってしまい玉砕に終わりました。

s-上弦の月.2019.09.WebⅣjpg

<撮影日時>
2019年9月6日 21時02分24秒
露出1/60秒 1枚画像
<撮影機材>
タカハシFSQ-106ED+エクステンダー+キャノン純正2倍テレコン
焦点距離 1,700mm F16.0
キャノンEOS 70D ISO400
ビクセンSXP赤道儀にて
<撮影場所>
埼玉県行田市自宅庭にて

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]

皆さん、こんにちは。今日の関東地方は30度近くの暑さがありますが、朝晩の気温はめっきり涼しく成って来ました。感じとしては今年の秋は早く訪れそうな予感があります。
この夏の天候不順により遠征出来ない日々が続いて居りますので、2019年の前半の私なりのベストセレクションをご紹介したいと思います。
特にベストテンと言う訳でもないので昨年末に捉えたものから順番にご紹介したいと思います。

先ずは1月4日に謹賀新年のご挨拶でアップさせたアンドロメダ座の大星雲(M31)であります。アンドロメダっ大星雲は何歳に成っても私たち天文少年(今はおじさん)の憧れの存在です。

s-アンドロメダ座の大星雲.2018.12.30.WebⅧ

続きまして正月6日に関東地方でも見られた部分日食の画像となります。改築の為アパート暮らしをしておりましたが、久々に自宅庭に望遠鏡をセッティングして臨みました。

s-部分日食.2019.01.06.WebⅡ

最近めっきり明るい彗星が来ていませんが、美しいエメラルドグリーンのコマの広がるウィルタネン彗星(46P)の雄姿であります。

s-ウィルタネン彗星.2018.12.29.WebⅨ

続きましてオリオン座の小三ツ星の直ぐ左上のウルトラマンの故郷M78星雲に隣接するバーナードループの一部でとても鮮やかな場所であります。

s-M78&バーナードループ.2019.01.03WebⅣ

これまた天文少年の憧れのおうし座のプレアデス星団(M45)すばるであります。昔と違いプレアデス星団付近の散光星雲(分子雲)がもくもくであります。数十年前はメローペ辺りの散光星雲が写って喜んでいたのですが(笑)

s-プレアデス星団.2019.01.03.WebⅦ

本当に明るい彗星が早く来ないかな!と嘆く今日この頃ですが、私もあと1年ちょいで定年を迎える歳に成ってしまいました。その意味からも早くウエスト・ヘールボップ、せめて愛女医彗星位の彗星が来てくれないかな!私には時間がない!
日本人の発見した岩本彗星(C/2018 Y1)が地球に大接近時の画像となります。

s-岩本彗星2018-Y1.2019.02.14.WebⅣ

続きましていっかくじゅう座にある宇宙の花園バラ星雲でございます。バラ星雲は幾たびも撮影しておりますが何度撮影しても天体写真をやっていて良かったと思う事が出来ます。

s-バラ星雲.201902.01.WebⅨ

続きまして最近ビクセンR200SSを使用して撮影する機会が増えていますが、今回もダイナミックな
いっかくじゅう座のわし星雲(IC2177)であります。

s-R200SSコマコレクターPHによるカモメ星雲.2019WebⅨ

さてこれからご紹介する画像は5月のゴールデンウイークに星友のmdhn1999さんと星降る会津高原に連荘で撮影して来た時の画像となります。
先ずは中々関東地方からは撮影機会の少ないさそり座の青い馬星であります。薄明も近く露出時間が全く足りてない画像ですが自分を奮い立たせるために画像アップを試みます。

s-青い馬星雲.2019WebⅨ

次もさそり座の難敵アンタレス付近の散光星雲(通称:カラフルタウン)です。この星雲も露出時間がいくらあっても良い対象ですが、今後とも挑戦して行きたいと思います。

s-カラフルタウン.2019.05.03.WebⅨ

続きましていて座のオメガ星雲(M17)です。今までならM16&M17をセットで捉える事が多かったのですがR200SSにより今回は単体での撮影となっております。

s-M17.オメガ星雲2019.05WebⅨ

この夏撮影機会が本当に少なくなっておりますが、夏の定番関西ではおかぺりと呼ばれているはくちょう座の北アメリカ星雲&ペリカン星雲のコラボとなります。

s-北アメリカ星雲ペリカン星雲.2019.05.04WebⅨ

ひろたろうのベストセレクションの最後はこれまた夏の定番いて座の干潟星雲&三裂星雲のコラボ画像となります。

s-M8&M20.2019.05.29.WebⅣ

拙い多くの画像をご紹介させて頂きましたが、後半も頑張って撮影して行きたいと思います。
今後ともライブドアに移ったのぼうの星をどうぞ宜しくお願い致します。

天体写真のブログランキングに参加しております。
宜しかったら下記アドレスをポチッとお願い致します。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ(文字をクリック)]




このページのトップヘ